専門業者を利用

戸建の家と庭

亡くなった親から不動産を相続したものの、相続税の支払いにあてられる現金を持っていないという人が結構たくさんいます。相続税は、故人が亡くなった日から10ヶ月以内に納税しなくてはならないことになっています。その期限を経過してしまうとペナルティが課せられることになっていますので、何としても期限までに現金を作る必要があります。一番手っ取り早い方法は、相続した不動産を売却してしまうという方法です。不動産を所有しているだけで毎年固定資産税の支払い義務も生じてくることになりますので、使うあてがないのであれば、売却してしまうのが一番です。ただし、先ほども述べたように納税期限に間に合わせる必要がありますので、相続不動産売却の専門業者を利用するのが望ましいです。

相続不動産売却専門業者を利用したいという希望を持っていても、特別な利用手数料を請求されてしまうのではないかと心配する人が少なくありません。しかし、不動産売買の仲介を行う点に何ら変わりはありませんので、宅地建物取引業法で定められている報酬基準に基づく料金しか発生しません。また、成功報酬制である点も一緒ですから、うまく売却することができなかった場合には、手数料がかからないことになります。利用者としては、手数料が1円もかからなかったとしても、相続不動産を売却することができないと困ったことになってしまうと心配してしまうところですが、多くの業者が買取保証サービスを提供していますので、何も心配する必要はありません。